北海観光節 > 北海道の盆踊り

第10回たきかわ納涼盆踊り

訪問日:2009年8月8日(土)

場所:滝川市空知通り・ベルロード交差点

滝川市の中心部,ミスタードーナツのある四辻で,四方の道路を通行止めにして行われる盆踊りである。滝川市は,赤平,歌志内,芦別,上砂川といった旧産炭地域を有する中空知の中心に位置し,それゆえ盆踊りにも産炭地特有の力強さが息づいているように思われる。

商店街を中心とする実行委員会の主催によるこの盆踊りは,2009年で10周年を迎えた。しかしながら,この回をもって,本体制での盆踊りは休止されることになった。なお,2010年以降は,滝川青年会議所が引き継ぐ形で,会場を移して継続されている。

17:00〜18:00 子供の部

子供盆踊りは,はじめのうち子供たちだけで比較的きれいに踊っていた。振り付けも,最後の「シャンコシャンコ」の部分を除けば,オリジナルに忠実だった。しかし,時間がたつにつれて,子供の数が増えて,輪は渋滞気味となり,前に進まなくなってしまった。こういう場合は,輪を2重,3重にと誘導すべきで,踊りがきれいだっただけに残念である。

テープは持田ヨシ子盤をエンドレスに編集したものが使用されており,3番から1番へのつなぎ目も完全に連続して踊ることができるようになっていた。約1時間のエンドレス演奏の後,いちばん終わりのみ終奏が挿入されていた。

子供の部動画(MP4, 6.9MB)

子供盆踊り終了後,子供たちはその場にしゃがんで景品を受け取っていた。景品は「お好みセット」というお菓子の詰め合わせだった。前年よりも豪華にしたそうである。

そして,帰り際,名残を惜しむように,盆踊りの振りをする子供たちもいた。中には十分に踊れず満足がいかない子供たちもいたようだが,「上砂川に踊りに来て」と知り合いのお母さんに声を掛けられていた。こういう,子供たち自身が楽しいと思う盆踊りこそ,本当だと思う。

十字路の真ん中に櫓が立ち,空知通りが踊り会場となって,大きな楕円の輪を描いて踊っていた。一方,直行するベルロードには,露店やビアガーデン風のテーブルが並んでいた。一般に,盆踊り会場に隣接してビアガーデンを設けるのは,踊りに真剣みがなくなって失敗しているケースが多いが,このような配置であれば,互いに影響をあまり受けないので問題ないと言える。

19:00〜21:30 大人の部

1時間ほど間をおいて,大人の部が始まった。その間,太鼓の演奏などが行われたようだが,別会場に行っていたため詳細不明である。こちらの盆踊り会場に戻ってきたのは,20時頃である。輪は二重になり,仮装の踊り手もあって賑わっていた。

太鼓は躍進滝川太鼓保存会と龍栄太鼓の2団体が担当し,櫓の3方をぐるりと太鼓が取り巻いていた。本場,空知地方らしく,さすがに迫力のある太鼓であった。

太鼓のほか楽器はなく,あとは唄だけだった。唄い手は女性のみで,比較的ゆっくりと,歌詞を大事にして唄っているのがよくわかった。全体の3分の1の40分ほどしか聞いていないが,それでも次のとおり35種類の歌詞を聞くことができた。しかも,暗唱で唄っていた。最後は定番の「あまり長いは……」で締めとなった。

大人の部動画(MP4, 5.1MB)

ちゃんこ茶屋の婆 お茶出せ茶出せ 煙草盆出せ キセル出せ
波の花散る 津軽の海を 越えて蝦夷地へ いつ来たか
花の盛りを 紅鉄漿忘れ 拓くトド山 ガンピ山
山で暮せば 侘いもの 水にコブシが 散るばかり
花が過ぎても 時節が来れば 様と世帯の 実が結ぶ
北海名物 数々あれど おらが国さの 盆踊り
若い日本の 憧れ抱いて 夢も明るい 北海道
燃えるハマナス 乙女の胸に 櫓太鼓に 夜が更ける
聞いて下され アメリカさんも 平和日本の 踊り唄
来たは十七 蕾の頃よ 今は二十一 花盛り
五里も六里も 山坂越えて 逢いに来たのに 帰さりよか
盆が来たかて 踊らぬ者は 木仏金仏 石仏
お前百まで わしゃ九十九まで 共に白髪の はえるまで
好いてくれるな 夜中の嵐 愚痴は今夜も 起きるまで
熊とマリモと 追分節は 自慢話の 種となる
お前呼ぶ気で 酒まで○○○ 片やこの子で 何着せる
高い山から 谷底見れば 瓜や茄子の 花盛り
月はまんまるだよ 踊りもまるい 主と私も まるい仲
そよぐ夜風に 誘いの太鼓 いつか知らずに 櫓下
ニシン来るかと ○○○に聞けば わしは山子だ ゴメに聞けよ
はやし太鼓に 手拍子揃え 櫓囲んで 盆踊り
唄に誘われ 太鼓に引かれ 今来たこの道 二度三度
今年や豊年 穂に穂が咲いて 道の小草に 米がなる
踊り踊るなら 三十が盛りよ 三十過ぎれば 子が踊る
今年や豊年 ○○○○○○○ ○○で包めど ○○○○○
今日もくるくる 水車が回る 山で狐が コンと鳴く
わしと貴方は 羽織の紐だ かたく結んで 胸に抱く
海が呼ぶ呼ぶ 飛沫が招く 咲いたハマナス 誰を待つ
わしとお前は ○○○○○○だ ○○○○○○○ ○○○○○
空の星さえ 夜遊びなさる わしの夜遊び 無理もない
遠く離れて 会いたいときは 月が鏡に なればよい
嫁コ貰うなら 道産子に限る 雪で磨いた 玉の肌
揃ろた揃ろたよ 踊りも揃ろた 稲の出穂より よく揃ろた
急ぐという字は ○○ない心 心なくせば ○○○れる
あまり長いは 皆様飽きる まずはここいらで とめましょか

21時10分,予定より少し早く終了。最後に滝川市議会の議長から講評があった。

今日の盆踊りは審査対象となっているが,表彰式は明日の大人の部終了後に行われる。