北海観光節 > 北海道の盆踊り

上歌納涼子供盆踊り

訪問日:2013年8月14日(水)

場所:歌志内市上歌チビッコ広場

上歌は歌志内の東端部,赤平市と市界を接するあたりに位置する。大正2年の上歌志内炭礦開鉱以来,昭和46年まで採掘が行われた。悲別ロマン座として知られる上歌会館(映画館)ができた昭和28年頃が最盛期で,当時,上歌小学校の生徒数は1,000人を超えていたという。以後は人口減少の一途をたどり,小学校のあったあたりは何もなくなっている。現在は新歌志内トンネルの開通により通過交通がなくなった旧道道沿いに,改良住宅がいくつか並び,ひっそりとした住宅街を形成している。

盆踊りは8月14日,15日の2日間開催であり,初日の14日に訪ねた。なお,8月14日は歌志内市内の4箇所で盆踊りが開催されていた。子供盆踊りと銘打ってはいるが,終了後に大人の盆踊りも行うとある。主催は上歌新栄町自治会児童部。

会場は上歌チビッコ広場。新栄町チピッコ広場とも呼ばれているようである。

子供盆踊り 18:30〜

歌志内の盆踊りとしては珍しく,櫓は直方体だった。しかしながら,櫓の上に設けられた「子供盆踊り」の行灯は,風情がある。

子供盆おどり唄は持田ヨシ子盤が使用され,音が電池切れのスピーカのように割れていたが,これもまた味があって悪くはなかった。踊りは,ところどころ本来の振り付けと異なってはいたが,しっかりしている。太鼓も一張ながら安定感がある。さすがは歌志内の盆踊りだと思った。

特に,司会者がいるわけでもなく,穏やかに盆踊りが続く中で,役員と思われる男性が2人でブランコに腰かけて,踊りの輪を見守っていたのが微笑ましかった。

子供盆踊り動画(MP4,4.6MBb)

寄付者一覧。現在はほぼ純粋な住宅地となっており,ほとんどが個人からの寄付,祝儀だった。

大人盆踊りも気になるところではあるが,19時10分過ぎに会場を発ち,バスで次の盆踊りに向かうことにした。