北海観光節 > 北海道の盆踊り

第26回まちなか盆踊り大会

訪問日:2006年8月15日(火) 

場所:富良野市本通り1丁目

帰省のため,8月14日に富良野駅に立ち寄った。駅隣の観光案内所の案内嬢にだめでもともとで盆踊りの日程を尋ねてみると,意外にも彼女は嬉しい様子で「昨日はそこでやっていたけど今日もやるのかな」と言って,どこかに電話をかけて確認して教えてくれたのがこの盆踊りである。

現在,富良野市では全市的な盆踊りは開催されていない。そのため,本通りの商店街が主催するこの盆踊りが市を代表する盆踊りになっているようである。昨今の不況の中で年々景品も削られているようだが,参加者は主催者の予想を上回るほど多かったとのことで,主催者挨拶の中に嬉しい悲鳴も聞き取れた。

会場は三番館,北洋銀行が面する市街地のど真ん中で,「本通」と呼ばれる旧国道237号の一部を車両通行止めにして行われる。

14日は子供盆踊りのみで,15日は子供,大人ともに懸賞付きの仮装盆踊り大会となる。子供盆おどり唄は持田ヨシ子版,北海盆唄は男性歌手が唄うテープが使用される(歌手名がわかる方はご教示ください)。死者の魂を迎えるというような暗いイメージはなく,富良野市らしいほのぼのとした盆踊りである。

子供仮装盆踊り大会 18:30〜

北洋銀行前のやぐらを中心にして大きな楕円をつくって踊る。仮装はすべて個人参加で,多くの子供達はお母さんと一緒に踊っている。

子供盆踊り動画(2.5MB)

踊りは19時13分に終了し,審査に入った。その間子供達はその場にしゃがみ,参加賞を受け取る。

賞は敢闘賞,特別賞と1〜10位。ひとりひとり番号を呼ばれて表彰を受ける。発表の際には威勢のいい太鼓の効果音が伴う。どの子供もとてもかわいい。特に人気を集めていたのは,鉛筆の格好をした子供で(写真右上),一緒に記念写真を撮る人が絶えなかった。第1位は桜塚やっくんの真似をした男の子たった。

子供盆踊り表彰式動画(1.6MB)

隣接の空き地には出店もあった。

大人仮装盆踊り大会 19:40〜

子供の部の表彰式が20分ほどかかり,予定より10分遅れて始まった。参加者は多くなく,なかなか輪ができなかったが,時間がたつにつれて観光客風の踊り手も加わり,最終的には1つの輪になった。仮装は個人参加のみで,カールおじさん,サンタクロース,クリスマスツリーなど,ほのぼのとさせるものが多い。

 

やぐらとスピーカー。スピーカーは踊りの輪の両端部に置かれ,耳をつんざくほどの大音量で北海盆唄を流していた。北海盆唄は4番までの繰り返し演奏で,正調にはない歌詞も含まれていたが,スピーカーの音が大きすぎて聞き取れなかった。

大人盆踊り動画(3.2MB)

踊りは20時15分で終了し,20時20分から表彰式が行われた。賞は敢闘賞,特別賞と1〜5位であった。