北海観光節 > 北海道の盆踊り

布部駅前盆踊り

訪問日:2006年8月15日(火) 

場所:富良野市布部駅前

8月15日は母の実家で墓参りと会食をした後,盆踊りを見に行くことにした。当日は富良野の本通りと山部で開催される予定となっており,どちらにしようかさんざん迷ったあげく,まず山部に行くことにした。ところが山部は開始時間の18時30分を過ぎてもまったく子供達が集まってくる気配がなく,早々に富良野に引き返すことにした。

その帰途,偶然に出会ったのがこの盆踊りである。

根室本線布部駅はテレビドラマ「北の国から」のロケ地として知られている。ドラマは東京からやってきた五郎と純,蛍がこの駅に降り立つところから始まる。当時は有人駅だったが,昭和57年11月を持って無人化されている。

布部も古くは麓郷方面の木材や石綿の積み出し駅として賑わったのだが,現在は農業以外に特段の産業もなくなり,駅前の市街地も寂しさを増すばかりである。

18時40分過ぎに会場に着いたときには,子供盆踊りの曲と太鼓だけが元気に鳴り響いていたが,踊る人はいなかった。

やがて1人のお母さんが,「これはもうわたしたちだけで踊るしかないわ」と言って3組の親子連れが踊り出した姿には悲壮感が漂っていた。しかしこんな小さな盆踊りでも,太鼓は一流である。子供盆おどり唄は持田ヨシ子版が使用されている。

踊り手は少ないながらも,腕っ節の強そうなお母さんを先頭にしっかりとした踊りが見られた。「そよろそよ風牧場に街に,吹けばちらちら灯がともる」の後,「赤くほんのり」のところで腕を右,左の順に前へ突き出している。富良野緑町,富良野本通の振付も同様だったが,山部,芦別,上富良野では異なっており,この地方特有の振付と見られる。

盆踊り会場としては珍しく,観客用の椅子が設置されていた。集落の子供全員が集まったとしても,踊りの輪がつながるのかどうかわからないが,日が暮れるにつれて腰の曲がったおじいさんやおばあさんがぼつらぼつらと集まってきた。

子供盆踊り動画(2.2MB)