[富良野・美瑛特集]

富良野・美瑛

どこに何があるのか

富良野・美瑛が初めての方へ,ごく基本的なご案内です。

 

●富良野・美瑛が初めての方へ

ラベンダー = 中富良野町,上富良野町

= 美瑛町

北の国から = 富良野市

と,まず覚えてください。

ひと口に富良野・美瑛と言いますが,実際は6つの市町村からなる地域です。
そのため,ホームページ上の情報発信も,市町村ごとの縦割りになっているのが実状です。例えばラベンダーのことを調べようと思って「ふらの観光協会」のホームページを見ても,ふらの観光協会は富良野市の観光協会ですから,有名なファーム富田の情報は載っていません。
ですから,どの町に何があるのかという基本的なことは知っておいたほうが,効率よく観光することができます。


●もう少し詳しく

ラベンダー

ラベンダーには早咲きと遅咲きがあり,早咲きは7月の上旬から開花し,遅咲きは7月下旬に開花します。ラベンダー園によって早咲きと遅咲きの割合が違いますが,おおむね遅咲きがメインになっています。ガイドブックに6月下旬から8月上旬が見頃と書いてあったりしますが,本当に紫の絨毯のようになるのは1週間程度で,年によって若干変動しますが,7月20日前後に訪れれば間違いないでしょう。

ラベンダー園は富良野盆地全体に十数か所点在しており,古くから中富良野町のファーム富田と上富良野町の日の出山公園,深山峠が3大ラベンダー園と言われてきましたが,近年はファーム富田の人気が一段と高まっていますラベンダー十五選を参考にしてください。

丘は富良野・美瑛全体にわたって見られますが,中でも有名なのは,美瑛町です。丘は3つのエリアに分かれていますが,いちばん人気なのがパッチワークの路,その次に人気なのがパノラマロード。それぞれコマーシャルに出た有名な木や丘(ケンとメリーの木マイルドセブンの丘などという名前がついている)や展望台が点在しています。しかし,網目状に道路が走っていて見通しもきかないので,絶対に迷います。それもまた楽しいのですが,効率良く名所を巡りたいと思ったら,美瑛駅前の四季の情報館,または北西の丘展望台で詳しい地図を手に入れてください。モデルコース初心者編美瑛の丘めぐりを参考にしてください。

北の国から

富良野市は,1981年より放送が開始され2002年で最終作となったテレビドラマ「北の国から」のロケ地です。主なロケ地は麓郷という山奥で,ドラマでは火事で燃えたはずの丸太小屋が残る麓郷の森,「'95秘密」から黒板五郎(田中邦衛)の住居となった石の家,「'2002遺言」のロケ地拾ってきた家を見学するのが定番です。また,富良野駅前には北の国から資料館があります。モデルコース初心者編北の国からロケ地めぐりを参考にしてください。

南富良野と占冠

富良野・美瑛の中でもややマイナーです。南富良野町のかなやま湖はキャンプ,カヌーなどアウトドアの拠点。幾寅駅は1999年に映画「鉄道員」のロケ地となり,ロケセットが保存されています。占冠はトマムリゾートの村。スキーで有名ですが,夏も大自然を生かした体験観光プランが用意されています。


●温泉

美瑛,上富良野は十勝岳連峰の登山基地として古くから知られており,白金温泉(美瑛町),十勝岳温泉(上富良野町),吹上温泉(上富良野町)という全国有数の人気を誇る温泉を有しています。活火山に湧く温泉だけあって,いかにも温泉らしいお湯で,ほとんどの温泉宿が源泉かけ流しです。日帰り入浴には上富良野町の吹上温泉保養センターがいちばん人気です。中富良野町のふらのラテール万華の湯も国道沿いにあるので便利です。

●食事

各市町村の市街地には個性派のお店がたくさんあります。大型ドライブインは国道237号の上富良野〜美瑛の間に集中してあります。これらの大型ドライブインは団体向けの店が多いのですが,国道237号上富良野バイパスにあるフラノーブル(松尾ジンギスカン)は,個人客にも向きます。

●お土産

各所でラベンダーをはじめとしたドライフラワー,ポプリ,絵葉書などが販売されています。特にファーム富田の花人の舎はオリジナルのラベンダーグッズを豊富に揃えており人気があります。菓子類はフラノーブルでわかさいも,マルセイバターサンドなど北海道を代表する銘菓が入手できます。地元のお菓子なら,富良野市中心部の物産センター富良野チーズ工房がおすすめです。(富良野のお土産参照)

●宿泊

リゾートホテルは富良野市の北の峰地区(富良野スキー場付近),占冠村のトマムに集中しており,その他,中富良野町のオリカ,上富良野町の富良野ホップストーアスホテルがあります。美瑛町白金温泉には比較的大きな温泉旅館が数軒あります。また,ユースホステルやペンション,とほ宿はエリア全域にわたって多数あります。とても一日でまわれるエリアではないので泊りがけで旅行することをおすすめします。

●観光案内所

詳しい地図や観光パンフレット類が手に入る施設は,富良野・美瑛でいちばん観光バンフレット類が充実しているのはJR富良野駅となりの富良野・美瑛広域観光インフォメーションセンターです。そのほか美瑛町の四季の情報館(JR美瑛駅となり),北西の丘展望台,富良野市の富良野物産センターふらのぶどう果汁工場,占冠村の道の駅自然体感しむかっぷは係員が常駐しており観光パンフレット類も比較的揃っています。上富良野駅前,中富良野駅には夏期のみ臨時の観光案内所が設置されます。


●アクセス

札幌〜富良野はかなりスピードを出して2時間です。新千歳空港〜富良野は3時間みておいたほうが良いでしょう。いずれにしても道央自動車道を利用し,いちばん簡単なのは滝川ICで降りて国道38号で富良野に向かうコースです。また三笠ICで降りて桂沢湖を経由しても所要時間はほとんど変わりません。山や景色が好きなら桂沢湖経由がおすすめです。

渋滞

夏の富良野の渋滞は有名です。7月中旬〜下旬の土日は非常に混雑し,札幌を朝出発しても,ファーム富田の駐車場に入ったのは夕方だったという話はよく耳にするところです。そんなに心配することはありませんが,渋滞することがあるということは知っておいた方がよいです。富良野・美瑛 渋滞抜け道マップを参照してください。

砂利路

富良野・美瑛周辺には砂利路が多く残存しています。道道70号芦別美瑛線,道道115号芦別砂川線,道道610号占冠穂別線などは,道内有数の長距離ダートです。地図で太く書いてあるからといって良い道とは限りません。急がば回れ,下手に知らない道に入るよりは国道を通ったほうが早いものです。

 [富良野・美瑛特集]