2000年4月の新着情報

 4月は話題が少ないですね。月の終わりにはゴールデンウィークに入り,観光シーズンが華々しく開幕するのですが。夏の観光シーズンに向けて観光施設が少しずつオープンしていくのでまずは新しくオープンする施設から紹介することにしましょう。(2000.3.31)

4月にオープンする施設


情報が入りしだい追加していきます。

●道の駅たきかわ

国道12号線沿いに4月1日オープン。全道一サービスの良い道の駅を目指しているそうです。

●島牧知ろう館

道の駅よってけ!島牧に隣接して4月1日オープン。賀老の滝,狩場山系,江の島海岸など島牧が全国に誇る自然景観をPRする自然体験学習施設。

1000-1700 無料

●サッポロメディアパーク・スピカ

4月7日オープン。STV札幌テレビ放送の豪華多目的施設。4月7日からは彫刻家・和泉正敏さんの石彫展「IZYMI STONE WORKS IN SAPPORO 2000」が,4月28日からはどさんこミュージアム「スピカ大顔展〜いい顔ってどんな顔」が開催されるなど,オープン記念イベントが続々と計画されている。

■リンク Sapporo Media Park SPICA

●札幌ウィンタースポーツミュージアム

大倉山ジャンプ競技場の大改修に合わせて4月22日オープン。中島公園にあった冬のスポーツ博物館を引っ越したかたちだが,ジャンプのシミュレーションなど体験型の展示が話題を呼んでいる。

900-1800(5-10),930-1700(11-4) 毎月最終火曜休 600円

●ゆうばり化石のいろいろ展示館

4月29日オープン。炭鉱生活館の隣にあったゲームセンターを全面改修して開館した。

●大船C遺跡速報展示室(南茅部町)

4月28日,発掘現場にオープン。1996年から発掘調査が始まり,縄文時代の定説をくつがえす大発見が続いている同遺跡の出土品をわかりやすく展示している。

900-1700 11上まで無休 無料


JR情報


一日散歩きっぷの利用範囲拡大

3月25日から一日散歩きっぷが発売6年目にして利用範囲が拡大されいっそう便利になった。変更点は

「別途指定席券を買えば普通列車指定席も利用OK」という情報もあったが,これが幻の列車となった「SLニセコ号」にだけ適用されたものなのか快速エアポートなどの指定席にも適用されるのかは,ガイドブックにも記載がなく不明。ご存知の方,情報をお願いします。

春の臨時列車情報

●小樽−ニセコ間にSL復活−SLニセコ号

有珠山噴火の影響で運行中止

 1988年にC62-3を復元,1995年11月まで運行を行っていたJR函館本線小樽−ニセコ間にSLが5年ぶりに復活する。今回はディーゼル機関車を補機として付けての運行だが,秋にはC11の重連運転も計画されている。
 SL+DLの列車は昨年6月のふらの・びえいノロッコ号以来。先頭と最後尾の機関車が汽笛で合図をとりながら加速,減速などを行う協調運転が見もの。ふらの・びえいノロッコ号のときはわずかにラベンダー畑(臨)−中富良野間でもくもくと煙をだしたほかは,完全にDLに押されての運転に見えたが,今度はどうだろうか。
 倶知安−ニセコ間は全車自由席。ニセコ駅に保存されている転車台は今回は使用せず,下りの倶知安駅で機関車の付け替え,給水作業を行う。
 指定席はSLすずらん号などと同様800円。従来一日散歩きっぷは指定席列車には無効だったが,今回は一日散歩きっぷプラス指定席券で乗車できる。
 指定席券は1ヶ月前の午前10時から全国一斉に発売されるが,4月1日の列車は10時になった瞬間に売り切れになったという。

運転日:4月1日(土),2日(日),8日(土),9日(日),15日(土),16日(日),22日(土),23日(日)

リンク

非常に見づらいです。なんとかならないものでしょうか。有珠山災害関連の臨時列車情報も掲載されています。
インターネット上の鉄道時刻表。本物の時刻表よりも詳しい完全版です。


テーマパーク営業開始


●石炭の歴史村(夕張市)

石炭博物館,炭鉱生活館,ロボット科学館は通年営業しているが,遊園地などは4月29日オープン。

930-1700 無休 施設パスポート大人1500円,小人1000円,遊園パスポート大人2000円,小人1800円

●長沼ハイジ牧場(長沼町)

4月22日オープン。

900-1700 無休 大人800円,小人400円

●ルスツリゾート(留寿都村)

4月28日オープン。

900-1700 無休 大人4500円,小人3500円

●松前藩屋敷(松前町)

4月10日オープン。

900-1700 無休 大人350円,小人230円

●サンタプレゼントパーク(旭川市)

4月29日オープン。

*登別マリンパークニクス,登別伊達時代村,グリュック王国は通年営業。

[北海道観光大全] [北海道観光地リスト]