[北海道観光大全] [北海道観光地リスト]

2001年冬のイベント情報

2001.1.20更新

流氷観光
雪まつり・氷まつり
その他のイベント

流氷観光

 流氷観光はやっぱり船で。どこまでも続く白い氷原と,氷の上を歩く動物たちが感動を誘います。網走の「おーろら」のほうが有名なようですが,網走と紋別でそれぞれ特徴ある船を運行しています。いずれも2月の流氷シーズンには満員となることがあるので,予約をしていったほうが良いようです。

  まずはこちらで最新の流氷情報を→ 流氷情報センター
網走
今年は1月6日に網走で「流氷初日」宣言。平年より14日早かったそうです。

●流氷観光砕氷船『おーろら』『おーろら2』(網走市) 1月20日〜4月1日

定員450人の大きな観光船。女満別空港,JR網走駅からバスの便もあります。

 1/20-1/31は800,900,1100,1300,1500発
 2月,3月は800(臨時便),930,1100,1230,1400,1530,1630(臨時便サンセットクルーズ)発
 所要1時間,大人3000円,小人1500円

■リンク 流氷(網走市ホームページ)

●北の新大陸発見!あったか網走 2月3日〜3月4日

 網走名物「のっとりランド」は2000年から網走湖の呼人裏キャンプ場周辺に会場を移しての開催。イグルー村や氷の滑り台,スノーモービルコースなど。

●網走オホーツク流氷まつり 2月9日〜2月12日

 流氷シーズンのピークに開催。会場は網走商港ふ頭広場。氷の彫刻や大雪像が制作され,夜にはライトアップされます。

紋別

●ガリンコ号2運行(紋別市) 1月20日〜3月31日

2本の回転式ローターで流氷を豪快にかき砕きながら進む観光船。定員195人。ガリンコ号が発着する一帯は「ガリヤゾーン」と呼ばれ,あざらしに会える「ゴマちゃんランド」,海底からクリオネや流氷を見られるオホーツクタワー,道の駅ともなっているオホーツク流氷科学センター「ギザ」などがあり,ゆっくり楽しむなら紋別がおすすめです。

 1/20-1/31は930,1100,1215(臨時便),1330,1445,1600(臨時便,夕日と流氷クルーズ)発
 2月,3月は800,930,1100,1215(臨時便),1330,1445,1600(臨時便,夕日と流氷クルーズ)発
 2/10-2/25は日の出時間に合わせて「朝日と流氷クルーズ」
 所要1時間,大人3000円,小人1500円

●流氷あいすらんど共和国 2月4日〜2月18日

観光客と地元の人たちの交流の場となる「迎賓館」が設けられ,オホーツクの味覚や雪の迷路などが楽しめます。会場はガリヤゾーン。

●もん別流氷まつり 2月8日〜2月12日

約100基の氷像が制作されるお祭り。今年のメイン氷像はJASの紋別−東京直行便就航を記念して「東京駅」だとか。会場はガリヤゾーン。
■リンク ようこそオホーツクへ/流氷砕氷船ガリンコ号
■リンク オホーツクタワー
ウトロ

●知床ファンタジア2001(斜里町) 2月3日〜3月10日

ウトロのオロンコ岩特設会場で開催。昭和33年に知床夜空に現れた本物のオーロラの感動を何とか再現したいという想いから生まれたイベント。麦わらを燃やした煙や自然の風雪に独自の方法でレーザー光を当て,幻想的なオーロラを出現させています。オーロラ見学者には「感動証明書」を発行。毎夜20時から約20分間。

■リンク 知床ファンタジア

  

雪まつり・氷まつり

●第52回札幌雪まつり(札幌市) 2月6日〜12日

 大通公園,真駒内,すすきのの3会場で開催されます。大通会場は西1丁目から西12丁目まで。5基の大雪像を中心にテレビ局各局のイベントなどが行われます。全部まわるとかなり疲れます。
真駒内会場は地下鉄南北線・自衛隊前駅で下車するのが便利です。滑り台つきの大雪像は子供たちに人気。順番待ちで長い行列ができます。また2日〜5日には事前開放され,雪像づくりの様子を見ることができます。
すすきの会場は南4条から南7条までの駅前通り。「第21回すすきの氷の祭典」として百基の氷像が制作されます。
札幌駅〜大通〜すすきの間はそれぞれ地下鉄の駅がありますが,十分に歩ける距離です。このほか大通公園の西の突き当たりにある札幌市資料館や市役所の展望回廊など,この機会に札幌の名所をまわってみるのも良いでしょう。市内をちょっと離れれば芸術の森滝野すずらん公園など,カンジキをはいて山の中を散歩できるところもあります。札幌の道路は市民でもどうにもならないくらい滑りますが,油断さえしなければ大丈夫です。

■リンク さっぽろ雪まつり

●旭川冬まつり(旭川市) 2月8日〜12日

 石狩川旭橋河畔をメイン会場,常磐公園,買物公園をサプ会場に開催されます。旭川冬まつりの特徴は世界一ともいわれる巨大雪像が毎年造られること。他の雪像は正直なところ札幌にはかないませんが,札幌よりは空いている分,滑り台の行列も短く子どもには楽しいかと思います。そして今年は旭山動物園からペンギンさん達がやって来ます。
 もう一つの見どころは常磐公園を会場として行われる「氷彫刻世界大会」。繊細な氷の彫刻は完全に芸術の世界で,これほどレベルの高い作品は他では見られません。

■リンク 第42回旭川冬まつり(旭川市商工部)

●千歳・支笏湖氷涛まつり 1月27日〜2月13日

 支笏湖は最北の不凍湖として知られていますが,寒さはかなりのもの。湖畔に約40基の氷のオブジェクトが並びます。滑り台は子供にも人気ですが,雪像よりも痛いと思います。寒くても夜に行くべきです。

■リンク 千歳・支笏湖氷とうまつり

●層雲峡氷瀑まつり(上川町) 2月1日〜3月11日

 やはり早く行ったほうが氷が澄んでいてきれいでしょう。このまつりは必ず夜に行くことです。昼に見ても面白くありません。全国区の温泉だけに,国内外から見物客が集まります。こういう雰囲気を味わうのも祭りの醍醐味でしょう。週末には花火などのイベントが催されます。

■リンク 上川町のホームページ

 

その他のイベント

2001年1月〜3月の主なイベントを早い順に紹介します。

●ダイヤモンドダスト・in・KAWAYU(弟子屈町川湯温泉) 12月20日〜3月20日

1月20日〜3月3日 ダイヤモンドダストパーティー開催 毎日20:30〜21:00

 パーティーでは人工的なダイヤモンドダスト見ることができます。花火などよけいな演出はなく,光と寒さだけで幻想的な体験ができます。ダイヤモンドダストというのはテレビで見るときれいに映っていますが,実際にはこれがダイヤモンドダストだといわれなければ気づかない程度のものです。でも,道内屈指の寒さの川湯温泉に一泊して,厳寒の北海道を体験して見るのも一興でしょう。

■リンク 川湯観光協会ダイヤモンド・ダストin KAWAYU

●寒中みそぎフェスティバル(木古内町) 1月13〜15日

 今年で171回目を迎える,北海道屈指の歴史を誇るまつり。しかも奇祭として全国に知られています。何といってもふんどし姿の若者が冷水をかぶるみそぎが見もの。2000年からは成人式の日が都市によって変わっていますが,神事ということで日程は変えず行われています。駅から会場までは徒歩可。(14日〜15日に見物してきました)

13日1830〜 参ろう祭
14日1745〜 みそぎ行列(みぞぎ広場から佐女川神社まで)
15日1030〜 みそぎ鍋の無料サービスなど
   1150〜 厳寒の海でのみそぎ,水ごり

■リンク 木古内寒中みそぎ

●『五稜星の夢(ほしのゆめ)』(函館市) 1月14日〜2月14日

 1700-2200の間,五稜郭をイルミネーションで飾る。五稜郭タワーから眺めると,くっきりと美しい星形が浮かび上がります。

■リンク はこだて-ふゆ.com(冬の函館観光キャンペーン推進委員会)

●十勝川白鳥まつり(音更町) 1月20日〜2月25日

 「光と森の冬物語」。十勝川に飛来するオハクチヨウは見事で,テレビでもよく紹介されます。飛来地は十勝川温泉に近く,観光客の目を楽しませてくれます。イベントでは花時計の広場に光のオブジェが設置され,アウトドア体験メニューが用意されています。

■リンク 第10回十勝川白鳥まつり(音更町十勝川温泉観光協会)

●丹頂フェスティバル(阿寒町) 1月21日

 あかんランド丹頂の里特設会場(道の駅のあるところ)で,午前10時から開催。丹頂結婚式がメインです。この時期は阿寒町,鶴居村などで餌付けスポットに行けば,驚くほどたくさんのタンチョウを見ることができます。

■リンク 丹頂フェスティバル

●第38回帯広氷まつり 1月26〜28日

 緑ケ丘公園にてレベルの高い氷像が見られます。今年のテーマは「2001年宇宙の旅 スペースファンタジー」。JR帯広駅前から無料送迎バス運行。

●然別湖コタン(鹿追町) 1月27日〜3月下旬

 結氷した湖上でのイベント。氷上露天風呂で知られています。体験メニューが豊富です。
 氷上露天風呂:630-2200入浴可,うち1800-2000は女性専用,2000-2200は男性専用,無料

■リンク 然別湖ネイチャーセンター

●はこだて冬フェスティバル 2月1日〜2月14日

 元町公園周辺と五稜郭公園をメイン会場に催される。ホワイトイルミネーションや浮き玉キャンドルで函館の夜を演出,異国情緒が光と愛に包まれます。

■リンク はこだて-ふゆ.com(冬の函館観光キャンペーン推進委員会)

●登別温泉湯まつり(登別市) 2月3日〜2月4日

 節分と立春の日に豊富な湯量と優れた効能に感謝すると同時に,観光客の無病息災を祈願。鬼さんたちはホテルのロビーや宴会場にも入ってきて豆まきを行うそうです。

■リンク 登別温泉湯まつり(登別観光協会)

●しばれフェスティバル(陸別町) 2月3日〜2月4日

 人間耐寒コンテストがメイン。特設露天風呂「しばれ湯」も登場します。

■リンク しばれフェスティバル

●小樽雪あかりの路 2月9日〜2月18日

 今年で第3回目の新しいイベント。小樽運河,手宮線跡,都通り商店街など市街の至るところがスノーキャンドルで飾られます。

■リンク 小樽雪あかりの路(小樽マニア大集合(小樽観光誘致促進協議会))

●ゆうぱり国際ファンタスティック映画祭2000(夕張市) 2月15日〜19日

 数多くの映画の舞台となった炭鉱街夕張を舞台に催される映画祭。2000年からは名称を「国際冒険」から「国際」に変更。有名なゲストを迎え,連日市内の各所で映画が上演されます。普段は普通列車しか走らない夕張支線に特急車両の団体臨時列車が入線してくるところから雰囲気が盛り上がります。

■リンク ゆうばりマウンテンシティ実施機構

●下川アイスキャンドルフェスティバル(下川町) 2月17日〜2月18日

 下川町といえば万里の長城そしてアイスキャンドルの町。昨年は万里の長城がついに完成しました。万里の長城のほか町中がアイスキャンドルで飾られます。一度は見に行く価値がありそうです。

■リンク 下川町のホームページ

●昭和新山国際雪合戦(壮瞥町) 2月24日〜2月25日

 ルールを設けた雪合戦。第13回目の今年は有珠山噴火復興祈念大会として行われます。7人1チームで190チームが参加,2万人以上の見物客で盛りあがります。

■リンク 昭和新山国際雪合戦

    

[北海道観光大全] [北海道観光地リスト]