東北周遊きっぷの旅 9月7日

発表原稿片手に一路郡山へ

行程

乗車区間 発着時刻 列車名 乗車した車両
札幌
青森
2156発
518着
急行はまなす(指) 7両編成,4号車26上,オハ14-512 
青森
東能代
611発
751着
特急白鳥(自) 9両編成,8号車,モハ485-185
東能代
秋田
807発
916着
秋田行普通 2両編成,2両目,キハ48-1504
秋田
新庄
933発
1145着
快速こまくさ2号 2両編成,2両目,クモハ701-17
新庄
山形
1215発
1333着
山形行普通 2両編成,1両目,クハ718-5004
山形
米沢
1347発
1436着
米沢行普通 4両編成,1両目,クハ718-0−5005
米沢
郡山
1450発
1544着
つばさ138号(自) 7両編成,17号車

思い出のアルバム

急行はまなす 急行券・指定席券 特急白鳥 自由席特急券
とりあえず東能代まで急行・特急乗り継ぎで一気に行ってしまいます。急行はまなすのカーペットは2回目。特に希望はしませんでしたが,上段が取れました。これはB寝台と同じくらいの空間が指定席料金で乗れるので,大変お得です。奥羽本線の特急との乗り継ぎ割引で,はまなすの急行料金・指定席料金が半額になっています。
山形新幹線の終着・新庄駅。去年は新幹線延伸工事のさなかでしたが,めでたく開通しました。跨線橋も地下通路も使わずにホーム間を移動できる独特の構造です。駅舎も新しくなり,かわいらしい民謡が流れていい感じでした。北海道にもこんな落ちついた雰囲気の駅があったらなあと思います。やっぱり東北を南へ向かうのは奥羽本線に限ります。
郡山到着です。ここで飛行機組と合流しました。
郡山駅から徒歩5分ほどの某ビジネスホテル。1泊9200円と今年はかなりリッチです。助手の先生と同じ部屋でやや緊張の4泊が始まります。
学会会場のある東北本線・安積永盛駅。郡山駅からの直行バスもあったのですが,私は周遊きっぷが使えるのでJRを利用しました。これで300円×4=1200円の節約です。
発表は到着翌日の9月8日に無事終了しました。

 

9月9日