東北まつりの旅 8月4日

行程表

乗車区間 発着時刻 列車名 編成,乗車した車両
青森(フ)
函館(フ)
040発
420着
東日本フェリー
七重浜
上磯
611発
641着
普通 2両編成,1両目
上磯
茂辺地
725発
735着
普通
茂辺地
函館
856発
937着
普通 2両編成
函館
1017発
1135着
快速マウントレイク大沼号 3両編成,3号車

山越
1307発
1349着
普通
山越
長万部
1635発
1720着
普通
長万部
東室蘭
1735発
1904着
普通
東室蘭
苫小牧
1938発
2041着
普通
苫小牧
札幌
2044発
2147着
普通

想い出のアルバム

早朝,函館に着いた。東北で見るべきものは見た。あとはすんなり帰ればよいのだが,切符が青春18きっぷだからそれではもったいない。
まずはかねがね訪ねようと思っていた「茂別館跡」に行こうと思い,江差線で茂辺地駅に向かった。しかし,駅周辺を歩いてもどこだかわからない。駅前の案内図にもかかれていないし,窓口のおばさんも知らなかった。
とにかく暑い。疲れもあって,探訪はあきらめ,ホームの日陰で休んだ。
森にて。フラノEXPなきあと,唯一のキハ80系車両となった。トマムサホロエクスプレス。今年はこのような鮮やかな塗装になった。それはともかく,車内の観光案内放送がうるさい,ボリュームは大きすぎ,原稿棒読み,内容は面白くない。ふらのびえいノロツコ号のノロッコレディーによる機転の利いたアナウンスとは大違いだ。 ユニーク駅舎と知られる山越駅で下車してみた。降りて失敗した。周りにはなにもない。次の列車まで3時間近くある。
暇つぶしに「ハーベスター八雲」まで歩いてみた。ここは若者に人気のレストランである。食事をする気分でもないので,木陰の芝生でしばらく横になった。
せめて最後に温泉でも入ろうと思い,昆布駅で降りようと思ったが,長万部からは先日の大雨の被害で,山線はまだバス代行輸送を行っているとのこと。これでは温泉どころではない。気を落とし,室蘭本線経由で帰ることにした。その後は,ほとんど寝ていたので,記憶がない。

おわり

作者情報に戻る