大鉄道旅行 9月18日〜26日

札幌から川西の「豪華鉄道旅行」の帰りは,「大鉄道旅行」。2つ合わせて本州全県制覇のコースです。

 これが,今回の旅行に使った切符。
 「片道乗車券」というのは,同じ駅を2度通らない,後戻りはしないという条件を満たせばどんな複雑な経路でも設定できます。既に宮脇俊三の『最長片道切符の旅』など数々の試みがなされています。
 この切符は距離にすればその1/3ほどですが,作るのにはけっこう苦労しました。
 思案に思案を重ね,サインクルプラザの札幌支店で切符を注文。これだけ複雑だと一から手計算で料金を出さねばならないとのこと。数日しても連絡がこないので出向いてみると,「お客さん自分で計算しているでしょ」ということで,店員の方が手計算したものと,私のEXCELでの計算結果を合わせてみました。お互いに間違いがあったりして,後もうしばらく待ってくださいとのことでした。
 この切符は運賃計算キロが3800kmを超えますが,時刻表には3400kmまでしか載っていないので運賃計算に手間取ったとのこと。なにせ,3400kmを超えたのは札幌支店でも初めてだそうです。
 やっと切符ができました。どんな様式になるか楽しみだったのですが,切符本券には左のように「川西−野幌」と書いてあるだけ。「経由:別紙添付」として2枚目には私が注文のときに提出した経路表をそのままコピーしてとめてありました。これにはちょっと肩透かしを食らったような気がしました。
 こういう奇怪な切符は改札でもほとんどフリーパスです。経路表を確認されたのは大阪,京都,新宿くらいでしょうか。たまに川西や野幌はどこにあるのかと訪ねられることもありました。また,途中下車印が増えてくると駅員さんに声をかけられることも多くなりました。


行程図