根室本線

芦別 あしべつ 有人駅

(2004.7.26撮影)
芦別市本町
大正2年11月10日開業
標高95m 474人
交換駅(対向式)
滝川より26.6キロ
平岸より5.9キロ
みどりの窓口あり
700-1800(日祝休)
右前方徒歩3分セブンイレブン
2005.1.3下車

●平岸→芦別の車窓

引き続き国道沿いを走り,空知川が寄り添うところではなかなか良い眺めが得られる。そこを過ぎると左前方に北の京芦別の北海道大観音像が見えてくる。高さ88mもある芦別の名物だ。
この後鉄道ファンには見逃せない車窓が待っている。芦別線の分岐跡である。芦別線は芦別と函館本線納内を結ぶ線で,芦別の石炭を留萌に運ぶことが目的だった。昭和39年に着工し,昭和44年,石狩新城までの工事をほぼ終えた時点で工事が中止され,結局列車が走ることのなかった「未成線」である。平岸から3.7km地点に高根信号場があり,ここから左後方に分岐していた。車窓からも空知川堤防までの線路跡を確認できる。空知川鉄橋も途中まで橋げたが架かった状態で近年まで残っていたが,1991年10月までに撤去された。高根信号場の跡は路盤が確認でき,以降芦別駅まで左手に線路跡が続く。

●芦別駅

昭和21年,下芦別から芦別に改称。大正2年開駅と同時に周辺の炭鉱開発に着手し,空知川より北側の油谷(現在の芦別温泉があるところ),旭町などで採炭が始まった。戦時中は三井が西芦別,頼城方面の炭鉱を開発し,昭和24年には芦別駅から頼城駅までの三井芦別鉄道が敷設された。人口は最盛期の昭和33年には75000人を数えたが,同年以降炭鉱閉山が相次ぎ,最後の三井芦別炭鉱も1992年に閉山した。現在(2003.1末)の人口約20000人である。
石炭産業の衰退を受けて観光に力を入れてからも久しくなる。北の京芦別(もとの芦別レジャーランド)は道内のテーマパークの先駆けである。
芦別駅は道内の有人駅の中でも国鉄時代の雰囲気を最もよく残す駅のひとつだと思う。駅員もおり昔ながらの列車別改札を行っている。全市をあげた観光開発の中でよく駅が昔のまま残ったものだ。駅前に小さな五重塔があるが,本物の五重塔は北の京芦別にある。
ホームは3線分あるが,3番ホームは線路がはがされている。側線も8本あるが一部断線していて赤平のように完全には残っていない。2番ホームを使用するのは芦別で行き違いを行う1日2本だけで,他は上りも下りも1番ホームを使用している。

滝川方面を見る ようこそ星の降る里芦別へ
駅前のミニ五重塔は電話ボックス いつもがらんとしている待合室
年代物の改札案内 改札風景

●見どころ

□道の駅スタープラザ芦別

徒歩15分。お土産は多少あるが,レストランは高級そうで利用したことがない。空知川の岸辺にあるのに川を望めない変な建物だ。(H10.8入館)

1000-1900(レ1100-2000,冬-1900) 月休

□星の降る里百年記念館

道の駅の隣。魅力的な郷土博物館。スタードームは全国で3台だけ。天球上で星座の位置を確認できる。炭鉱の紹介,崕山の展示も充実している。頼城鉱の坑道模型もあるが,地上設備の小ささと比べると,坑道がいかに壮大なものであったかわかる。マジックビジョン小劇場では炭鉱長屋の暮らしが再現されており,泣けてくる。三井芦別鉄道に関する展示も少しある。(2000.5入館)

900-1700 無休 300円

□北の京芦別

駅から約2km。道の駅からの橋ができればだいぶん近くなる。駅にも宣伝の看板があるが,列車で訪れる人がどれだけいるのだろうか。北海道大観音像(拝観料800円),日本随一のホテル五重塔,十二支苑,ギリシャ神殿大浴場など,北海道の宗教観光のメッカ。高さ88mの北海道大観音像は遠くからも見える。神殿風呂など一時代前のいい味を出している。(S60?訪問)

入館料1500円?(1700-は1000円) 観音モノレール参拝600円

□旭ヶ丘公園

駅から約1.5km。約500種の鳥や動物。猿は札幌の円山動物園と長野県の茶臼山動物園からやってきたニホンザルを飼育。穴場の動物園といえる。

1000-1830 4/15-10/31 無料

□コズミックタワー

駅前左側の道路を線路に沿って約1km歩いた北大通りにある。「ここからだと北極星が一目でわかります」という。

□芦別市健民センター

いわゆる芦別温泉で,駅近くの中央バスターミナルから芦別温泉線が1日5往復運行している。片道290円。
油谷地区は炭鉱の街て昭和44年閉山。旧館・芦別温泉は旧油谷小学校の校舎を利用,昭和47年オープン。翌48年,北海道唯一の環境庁指定国民保険温泉地に指定された。その後国民宿舎(昭和54開業)・スターライトホテル(平成元開業)が増設。建物は立派だが,ひっそりとした雰囲気がよい。
キャンプ場は芦別市健民センターオートキャンプ場と芦別市健民センターキャンプ場がある。
なおテーマパークのカナディアンワールドは1999年より無料公園化され人気を呼んでいる。バスは出ていないが,温泉までバスで行って2kmほど歩けば行ける。

▽芦別温泉(日帰り専用)

日帰入浴700-2200 400円

▽星遊館

昭和63年完成の温泉大浴場。8種類の浴槽,2種類のサウナと充実。

日帰入浴700-2200 800円

▽花木園

しょうぶをはじめ見事な花の競演。

駅とは対照的にいつも賑わっている中央バスターミナル。
芦別温泉バス停 芦別温泉スターライトホテル
平岸 北海道駅前観光案内所 上芦別