根室本線

上落合(信) かみおちあい 信号場
昭和41年9月30日開業
標高448m 
2線
滝川より112.2キロ
落合より4.0キロ

●落合→上落合(信)の車窓

落合駅構内を通過するころ,左にカーブしていく線路が見える。これこそ伝説の狩勝峠旧線であり,日本新八景にも選ばれたこの線路は1966年9月30日に現在の線路に切りかえられた。旧線はすぐ途切れるが,記念に残してあるわけではなく実際に使用しているようである。
引き続き12パーミル勾配で高度を上げる。人家はないがそれほど山奥という感じでもない。トンネルや雪覆いを何度かくぐる。オーバークロスしている道路はトマムに向かう道道。逆に下の道路を車で走ると根室本線・石勝線の下を5回もくぐるので印象的だ。
右の林間から石勝線がより沿ってきて,木の葉が落ちる冬にはよく見える。いよいよ石狩・十勝国境,新狩勝トンネル突入。トンネルの中で石勝線と合流して上落合信号場通過。

●上落合信号場

ここがほぼサミットになる。旧線のサミットは標高535mだったから,少し低くなっている。
一の坂,幌岡,高根,鹿越の信号場が廃止されたので滝川から走ってきて最初の信号場になる。信号場というのは,旅客は扱わず列車の行き違い,待避を行う設備である。人家がないようなところにあることが多く,鉄道独特の旅情を感じる。たいていの場合は通過するが,列車待ち合わせのため停車したとき,それと知らない乗客はホームもないところに停まるので,事故でもあったのかと驚く。とくに上落合信号場の場合,真っ暗なトンネルの中にあるから気味が悪い。石勝線の鬼峠信号場が廃止されたので,現在道内ではここが唯一のトンネル内の信号場だ。
当初の計画では,ホームを設けて根室本線と石勝線との相互乗換えを図るとのことだったが,没案になったようだ。トンネルの広さからみてもホームを設けるゆとりはない。結局,根室本線から石勝線に乗り換えるには上落合−新得間24.1kmを往復しなければならないことになった。


『占冠村史』(1963.11)より

●見どころ

下車できない。

落合 北海道駅前観光案内所 新狩勝(信)