留萌本線

信砂 のぶしゃ 無人駅
増毛郡増毛町大字信砂
昭和62年3月31日開業
標高 m 12人
単線駅
深川より60.2ロ
阿分より2.6キロ
駅前ファミリーショップ
2000.7.20下車

●阿分→信砂の車窓

留萌本線のメインビューポイントといえるところで,障害物に遮られずに日本海が見える。途中トンネルを抜けると一転して農村景観となり,水田やアスパラガス畑が広がる。


2000.7.20撮影。快速増毛ライナーは,快速ミッドナイト用の車両を使用して運行された。ミッドナイトはこの日から自由席車として中間にキハ182を組み込んだため,増毛ライナーもそのまま運行された。増毛ライナーは留萌−増毛間を1日6往復したが,天気の良い休日にもかかわらず,3両編成に乗客数名という寂しい状況だった。余談だが,ミッドナイトは8月中旬の最繁忙期にはキハ182も指定席となり,従来通り自由席にはキハ56などが使用された。

●信砂駅

仮乗降場として昭和38年に設置。1993年2月,信砂川改修工事により増毛寄りに42m移動した。そのためホームも待合室も真新しい。古くは信砂川筋に信砂御料山道が開かれ,石狩と留萌を結ぶ唯一の陸路として松浦武四郎らも通行した。

●見どころ

特になし。

阿分 北海道駅前観光案内所 舎熊