札沼線

八軒 はちけん 有人駅(業務委託)
札幌市西区八軒6条東2丁目
昭和63年11月3日開業
標高 m
2面2線交換駅(対向式)
桑園より2.2キロ
みどりの窓口700-2000
自動改札対応(入場専用)
徒歩4分セイコーマート
下り線側駅前を左前方に進み大きな道路を右折
2005.8.23下車

●桑園→八軒の車窓

札幌を出発した列車は桑園を過ぎると函館本線から分岐,いよいよ札沼線に入る。左手には札幌市中央卸売市場,右手に札幌競馬場の広大な敷地が過ぎていく。線路際まで馬房が並んでいて馬好きにはたまらないだろう。左には遠く手稲の山々,函館本線を走る列車も見える。札沼線は複線化が進んでいるが,桑園−八軒は単線区間として残っており,当面複線化される気配はない。

●八軒駅

札沼線の駅は似た造りで混同してしまいがちだが,八軒は写真のように上部を鉄骨の梁が横切っているのが特徴。新しくできた駅で住宅に囲まれ,「駅前」といった雰囲気は作られていない。八軒の由来は,明治3年本願寺移民8戸がこの地に入植したことによる。昭和30年代以降の区画整理事業で形成された比較的新しい住宅地であるが,古い工場もぽつぽつと残っている。駅から下手稲通りに出て北西に400m進んだところの交差点が八軒の中心街で銀行や郵便局が集まっている。
札幌駅で琴似までの回数券を購入すると琴似・八軒駅両方で使用できる乗車券が発券される。待合室は030-530閉鎖。

●見どころ

特になし。

札沼線TOP 北海道駅前観光案内所 新川