札沼線

篠路 しのろ 有人駅(業務委託)
札幌市北区篠路4条7丁目
昭和9年11月20日開業
標高4m
2面2線(対向式)
みどりの窓口550-2300
自動改札対応(入場専用)
桑園より10.2キロ
百合が原より1.6キロ
2000.5.4下車

●百合が原→篠路の車窓

これまで見えていた住宅街は割と新しいものだったが,篠路付近は昔,篠路村を名乗っていただけに古い建物が多くなり,貫禄を感じる。

●篠路駅

かつて周辺は札幌近郊の農産物の生産拠点であり,写真にも見えている農業倉庫がその歴史を今に伝えている。篠路の地名はアイヌ語に由来し,明治のはじめから移住者が多く入植している。昭和30年,篠路村は札幌市と合併した。
駅舎も古くて貫禄があり,宗谷本線の永山駅にも似た趣がある。石狩当別までの区間では唯一市街地化する前の農村時代の雰囲気を残している駅だ。本屋は上り線側にあり,下り線側にも小さな待合室と入場専用の自動改札機がある。

●見どころ

□篠路コミュニティーセンター

明治時代にこの地方の特産だった藍や篠路歌舞伎の資料展示がある。駅から徒歩8分,駅前直進150m右折,信号左折。

845-2100 無休 無料

百合が原 北海道駅前観光案内所 拓北