札沼線

あいの里公園 あいのさとこうえん 無人駅
札幌市北区あいの里2条8丁目
昭和33年7月1日開業
標高7m
2面2線交換駅(対向式)
自動改札(入場専用)
桑園より15.1キロ
あいの里教育大より1.5キロ
2000.7.30下車

●あいの里教育大→あいの里公園の車窓

この先線路は単線となる。右手の原野はかつての原野商法の舞台となり,約1100人の地権者が入り乱れていたまま長く放置されていたが,2005年ついに区画整理事業が始まり,50haの宅地が2007年4月以降売り出される見込みである。


あいの里教育大の先は単線となる。右手の原野ではついに宅地開発が始まった(2005.9.4)。

●あいの里公園駅

駅周辺はやはり郊外型の新興住宅地で真新しい戸建て住宅が見られる。札幌北端の駅で,もと釜谷臼(かまやうす)と名乗っていたが,1995年3月16日現駅名に改称された。あいの里教育大駅開業時に駅を630m石狩太美よりに移設,さらに1991年に交換設備が設けられた。この駅発着の列車も設定されている。改称前には釜谷臼行きの列車もあったわけで,札幌駅に「釜谷臼行き」と書かれた列車が停まっていたらどんな感じがしただろうか。駅名を改称したのも納得がいく。
あいの里の名は,明治の中頃興産社が入植し藍の耕作を行ったことに由来する。

●見どころ

□あいの里公園

駅の北西徒歩5分のところにあるトンネウス沼を取り囲む公園。沼はよどんでいるが,公園には芝生やベンチがあって,弁当を食べたりするのには良さそう。ただしまわりに店はない。

あいの里教育大 北海道駅前観光案内所 石狩太美