宗谷本線

恩根内 おんねない 無人駅
中川郡美深町字恩根内
明治44年11月3日開業
標高64m 38人
単線
旭川より112.1キロ
紋穂内より7.1キロ
1998.9.8下車

●紋穂内→恩根内の車窓

天塩川の氾濫原を北上。線路際には林が続き,天塩川にも堤防が築かれて見通しはあまりよくないが,河畔のわずかな平地にも牧草地が続いている。国道40号がオーバークロスして恩根内駅に着く。

●紋穂内駅

名寄以北は日露戦争により工事が中断した宗谷本線(当時天塩線)だが,明治44年には恩根内まで延伸した。往時には恩根内も1000人以上の人口を有し,木材やデンプン,亜麻の集積地として賑わった。
恩根内駅は昭和60年に無人化,周辺の駅と同様,貨車駅となったが,1993年にシャレた駅舎に建て替えられた。
国道はかつて恩根内市街を通っていたが,現在では駅裏をバイパスで通過している。

●見どころ

特になし

紋穂内 北海道駅前観光案内所 豊清水