宗谷本線

天塩川温泉 てしおがわおんせん 無人駅
中川郡音威子府村止若内
昭和62年3月31日開業
標高 m 8人
単線
旭川より121.5キロ
豊清水より3.6キロ
2002.3.16下車

●豊清水→天塩川温泉の車窓

豊清水を出るとまもなく音威子府村に入る。音威子府はそばで有名。そばの畑が線路際から山すそまで広がり,8月には一面真っ白に染まって見事だ。天塩川とその向こうの温泉の建物を望みつつ,天塩川温泉駅に着く。

●天塩川温泉駅

昭和31年に南咲来仮乗降場として設置,昭和56年に天塩川温泉仮乗降場と改称された。板張りの短いホームは元仮乗降場らしいが,待合室はなかなか立派。中には「ここで寝泊りはできません」という張り紙があるが,ちょうど寝るのに良さそうな台がある。それと壁に張ってある時刻表には発時刻とともに着時刻が記載されており珍しい。
駅名どおり,駅から歩いて10分ほどのところに温泉がある。停まる列車が少なく,やや不便だが,大変良い雰囲気なので,宗谷本線の旅ではぜひとも下車したい駅だ。

●見どころ

□天塩川温泉  住民保養センター

徒歩10分。天塩川沿いの静寂峡にある立派な施設。平成元年に全面新築。温泉は無色透明無味無臭だが,滑らかな感じはする。ただシャワーのお湯が目にしみる。レストランあり,宿泊可。露天風呂からは列車が通過して行く様子も見ることができるが,冬季は露天風呂に入れない。入浴料も安く日帰入浴に好適。

日帰入浴900(土1000-,最終土1100-)-2000 無休 200円


天塩川温泉みやげ「鮭の照やき」,500円。実物大の鮭を模したみそパンで,長さ40cmくらいある。なかなかおいしい。汽車の中でこのパンを頭からかぶりついて食べたら,皆からの注目を集め,車内の雰囲気は一気になごむだろう。勇気のある方は挑戦されたい。1人で全部食べるのはきついかもしれない。

豊清水 北海道駅前観光案内所 咲来