日高本線

日高三石 ひだかみついし 無人駅
日高郡新ひだか町三石旭町
昭和8年12月15日開業
標高11m 210人
単線駅
苫小牧より105.8キロ
日高東別より6.4キロ
駅前セイコーマート
2000.2.6下車

●日高東別→日高三石の車窓

第2の山越えで,25パーミル拝み勾配である。まわりは針広混交林の美林で,ほとんど人の手が入っていない天然林にも見える。春にはオオバナノエンレイソウなど咲き誇り,日高線の意外な一面を見せてくれる。また海岸に出て三石到着。

●日高三石駅

三石町の中心駅だが,駅周辺は市街地というほどでもなくやや寂しい。駅も一時期貨車改造という,町の駅としては寂しい姿になっていたが,1993年に「ふれあいサテライト」という立派な建物になった。ただそのお陰で21時15分から6時30分まで出入り口が閉鎖されるようになった。キヨスクは廃止された。もと対向式ホームで,2番ホームも残存している。
三石は江戸時代にミツイシ場所の置かれたところで,古くから函館−三石間の航路があり三石コンブで知られていた。明治20年代には大塚助吉により競走馬の生産が行われ,大塚は日高馬産の父といわれている。日高路の町の中では地味な印象だが,活気があり,列車な乗車してくる高校生の表情も晴れやかである。

●見どころ

特になし

日高東別 北海道駅前観光案内所 蓬栄