日高本線

蓬栄 ほうえい 無人駅
日高郡新ひだか町三石蓬栄
昭和33年7月15日開業
標高13m 66人
単線駅
苫小牧より109.8キロ
日高三石より4.0キロ
2001.8.26下車

●日高三石→蓬栄の車窓

また山に入る。谷が狭くなったところに2つの大きな岩が見える。これが三石のシンボル「蓬莱山」で,蓬莱山まつりの時には川を挟んで巨大なしめ縄が架けられる。
蓬莱山を抜けると,谷底に平地が広がり,日高山脈を望む。日高本線の中でも山脈を望めるところは多くない。

●蓬栄駅

水田の中にあり,日高山脈をのぞむ絶好のロケーションにある。道路沿いにコンクリートの小さな待合室が建っている。大狩部,日高東別と同じ日に設置された。


駅の南側は日本的な風景。この反対側には晴れていれば神々しい日高山脈が連なる。

●見どころ

□蓬莱山

三石町のシンボル。自然が豊富で,高山植物も自生。公園にはレジャー施設がある。

日高三石 北海道駅前観光案内所 本桐