海峡線

知内 しりうち 無人駅
上磯郡知内町湯の里
昭和63年3月13日開業
標高32m  4人
複線
吉岡海底より20.5キロ
中小国より76.0キロ
2000.1.15乗車

●吉岡海底→知内の車窓

引き続き12‰の一定勾配で北海道側の出口に向けて駆け上る。この坂は距離が長いだけに結構きついようで,重たい貨物列車などは電気機関車が重連で牽引している。坂を登りきったところで北海道に上陸する。青函トンネルに続いて第1湯の里トンネルに入るが,このトンネルは青函トンネルとつながっており,第1湯の里トンネルの入口を青函トンネルの入口としているようだ。
約40分ぶりに外の明るい光を見ると,まもなく知内駅に到着する。

●知内駅

当初は新湯の里信号場として設置され,平成2年7月1日に知内と改称,旅客を扱うようになった。知内には松前線の渡島知内駅があったが,それがいったん廃止された後,別の線の駅ができたという珍しい例である。しかし市街からは遠く,利用者はほとんどいない。ホームは短く狭く,特急が通過するときに立っていると危険だ。線路の両側には消火栓が万一の時に備えて延々20台並んでいる。跨線橋に上がると青函トンネルの入口を見ることができる。
駅には物産館を併設しており,道の駅に指定されている。ちょうど本州側の津軽今別駅と同じだ。知内は北島三郎の故郷であり,演歌がいつも流れている。

●見どころ

□道の駅しりうち

駅に隣接している。道内では他に小清水と陸別に鉄道駅に隣接している道の駅がある。知内市街からは離れ,静かなところ。トイレは快適で北島三郎の演歌が流れている。地元らしく,あまり知られていない曲をかけているようだ。物産館の中はやや寂しい。

800-1845 無休


なお駅前の国道には松前線転換バスの停留所があり,木古内方面や松前方面へ乗り継ぐことができる。ちなみに,知内−木古内間のバス運賃は500円。
 

吉岡海底 北海道駅前観光案内所 木古内