海峡線

吉岡海底 よしおかかいてい
松前郡福島町字館崎
昭和63年3月13日開業
複線
竜飛海底より23.0キロ
中小国より55.5キロ
2002.3.23下車

●竜飛海底→吉岡海底の車窓

構想から半世紀,着工から24年の歳月を要して開通した青函トンネル。いよいよ海の底へ潜って行く。海底トンネルというので,海底にコンクリートの管が横たわっているようなものを想像する人も多いが(それは水中トンネルという),実際には海の底からさらに約100m下を通っている。いちばん深いところはトンネルのほぼ中央で海面下240m。最深部を過ぎてさらにしばらく走ると吉岡海底駅に着く。

●吉岡海底駅

竜飛海底駅と同様の構造の北海道側の海底駅。「海底駅見学整理券」を持った乗客のみ下車できる。整理券は840円で,自由席または指定席に乗車し,2号車から下車する。
竜飛海底駅がケーブルカーで地上に出れることが売りならば,こちらはドラえもん広場が売り。ドラえもん広場は青函トンネル10周年を記念して,1998年3月に登場。毎年3月に公開される長編映画とタイアップして企画され,子供連れや台湾からの観光客に好評を博している。ドラえもん広場は年々充実し,土日・夏休みには,着ぐるみのドラえもんが迎えてくれる。
壮大なスケールの海底駅自体感動ものだが,海底という異次元空間とドラえもんのSFワールドとが見事に調和している。日本人ならば大人も子どももまず1度ここに来てみるべきだ。
なお,まじめに海底駅を見学したい場合には,ドラえもん目当ての客とは別に案内してもらえる。見学時間は1時間〜2時間半程度と,コースによってばらつきがあるが,いくら長くても時間を持て余すことはないので,できるだけ見学時間の長いコースを選ぼう。


これは快速海峡時代の海底駅見学整理券「ゾーン539カード」。


ルミライトアートのトンネルを抜けてドラえもんの街に入る。

ジャイアンによる町かどコンサート 野比家 しずかちゃんの庭
のび太の学校 剛田雑貨店内部 剛田雑貨店
ドラミちゃんハウス2階より北海道方面を望む。 うら山展望台から街のジオラマを見る。 ドラミちゃんハウス2階より本州方面を望む。
世界随一の?海底映画館 タイムマシン。まさに異次元空間だった。 ドラえもんショップ


しばらくたつとステージでイベントが始まる。

ステージでイベントが始まる頃,まじめに海底駅を見学したい人たちのための見学ツアーが出発する。

海底駅の駅員さんからトンネルの説明を受ける。 吉岡海底駅本来の役割は列車火災が発生したときの避難所である。

 

アートメモリアルボード。知っている名前を見つけることができるだろうか。

 

竜飛海底 北海道駅前観光案内所 知内