札沼線

中小屋 なかごや 無人駅
石狩郡当別町字中小屋
昭和10年10月3日開業
標高22m
単線
桑園より38.8キロ
本中小屋より3.2キロ
2000.5.4下車

●本中小屋→中小屋の車窓

引き続き左手の丘陵に沿って走る。古くは篠津原野と呼ばれた地域で,右手の平坦部は沼沢地で洪水もあったため,山際に線路を通したのは理にかなっている。

●中小屋駅

貨車駅で中にはストーブがある。札沼線の駅は意外に地域の人に利用されていて手入れも行き届いている。本中小屋駅の貨車は昭和29年新潟鉄工所製だったが,こちらは同じ昭和29年製でも富士重工製である。写真に見えるように側線が残っており,農業倉庫もある。
中小屋の地名は当別と月形の樺戸集治監を結ぶ中間にあり,休憩小屋や物置小屋が設けられたことによる。駅ができてから小市街が形成されたが,現在はかなり寂れてしまっている。

●見どころ

□月ヶ湖

徒歩25分。北東の大沼と南西の小沼からなっており,小沼へは中小屋駅が最寄り。駅を出て国道を左に曲がり,標識にしたがって右に入る。突き当たりの分岐で右に曲がって1kmほど直進すれば左手に水面が見える。学術自然湿地帯ということでひっそりしており,野鳥が湖面にたたずんでいる。訪れる人もほとんどいないようで,あるはずの遊歩道もなくなっていた。
このあたり,畑にするにも土が良くないのか,非常にひっそりしていて森も残り,国道から少し離れただけで別世界のようだ。近くに福祉施設もあるが,良いところに建っているものだ。

本中小屋 北海道駅前観光案内所− 月ケ岡