宗谷本線

風連 ふうれん 無人駅
名寄市風連町本町
明治36年9月3日開業
標高110m 202人
2線(対向式)
旭川より68.1キロ
瑞穂より3.6キロ
2000.9.1下車

●瑞穂→風連の車窓

瑞穂を過ぎると線路は北東へ向きを変える。右手には丘が迫るが,丘の上は牧草地化され,大規模な酪農が営まれている。

●風連駅

駅舎は平成元年の建物で,白滝駅のようなガラス張りの別室が設けられている。真っ白の壁に落書きが全くないのは意外だが,利用者同士の目が行き届いているのだろう。駅前の商店で行っていた乗車券の委託販売は2003年10月限りで廃止された。対向式ホームで跨線橋もあるが,列車は基本的に1番ホームに停車する。広い構内を有し,昔の名残で周辺には農業倉庫が何棟も建っている。その他,東西自由通路やさわやかトイレがあり,駅周辺はなかなか賑やか。

●見どころ

□歴史民族資料館

徒歩5分? 平成2年開館の立派な郷土館。

1000-1600 月休 100円

□日向温泉

士別−風連間の士別軌道バスが一部日向温泉を経由。一日3便。所要約30分。高台に位置する一軒宿。効能抜群,この温泉で命を救われたおばあさんが昭和51年に湯治場を開いたのが始まり。

日帰入浴1000-2030 無休 300円

瑞穂 北海道駅前観光案内所 東風連