[北海観光節]  [北海道駅前観光案内所]

宗谷本線 その1

[旭川→名寄]


1968.10 日本交通公社時刻表

宗谷本線[旭川→名寄]の概要

一路北を目指す宗谷本線にあって,旅人にとって見落としがちなのがこの区間です。しかし農村が点々と続く車窓は,北海道でも最も北海道らしい景色といえるのではないでしょうか。あまり知られていませんが,1日3往復しか列車が停まらない駅などもあり,昔ながらの板敷きホームや,木造の小さな待合室が残っています。時刻表とにらめっこしながら,そんな駅に下車してみるのも楽しいと思います。


●歴史

明治29年北海道鉄道敷設法が公布され,これに基づき「旭川より稚内に至る鉄道180哩」が1期線の1つとして建設されることになった。同法は対露戦争を念頭においたものだった。明治31年8月の永山を皮切りに,蘭留,和寒,士別と順次開業し,明治36年9月に名寄に達した。明治42年,塩狩−和寒間で列車の連結器が外れ,暴走する事故が発生。後年,三浦綾子の小説『塩狩峠』に描かれた。
稚内まで全通したのは昭和3年。昭和33年10月に札幌−稚内間に夜行準急「利尻」,同35年7月には昼行の準急「宗谷」(キハ22)を新設。翌36年10月にはキハ27・56形を投入して急行に格上げされた。その後,急行「天北」「礼文」などが加わり,近年まで全国随一の急行街道として名を馳せていたが,2000年3月,旭川−名寄間の高速化工事が完了し,キハ261系スーパー宗谷が130km/hで行き交っている。
支線も多く建設されたが,1989年に名寄本線が,1995年に深名線が廃止。稚内まで一本道となっている。

●車窓

名寄までの区間は,まだ最果ての旅情を感じるには至らず,豊潤な田園風景が展開する。旭川からしばらく住宅街を行き,永山を過ぎると車窓に水田が広がる。高速化工事が実施されているので,走りは滑らか。右に大雪山を見て,北へと向きを変え,比布を過ぎると塩狩峠にさしかかる。針葉樹の防雪林に囲まれた峠道をゆっくり越えると,旧天塩国に入り,和寒,剣淵と農作物の集積地として栄えた町を通過する。碁盤の目に引かれた水田の中を,線路もまっすぐ北上し,深い防雪林を通り抜けるとまもなく士別に着く。士別からはほぼ国道40号に沿い,天塩川を渡って多寄,風連と農村の集落を過ぎ,黒光りするキマロキ編成に迎えられて名寄に到着する。
名寄に向かって比布までは側,比布からは側の車窓が良い。

●運行系統

優等列車は札幌−稚内間に特急が4往復している。うちスーパー宗谷は札幌−名寄間で130km/h運転を実施している。普通列車は旭川−名寄間に12往復運転されているが,うち4往復が「快速なよろ」,その他の列車も通過駅が多く,東六線,北剣淵,下士別,瑞穂,東風連などは停車する列車が極端に少ない。ほか旭川−永山・比布間に区間列車が運転されている。また音威子府,幌延へ直通する列車もわずかにある。一時期,ながやま,ほくれい,かえで,ピヤシリ,えんれい,すずいし,てしおがわなど,普通・快速列車に愛称がつけられていたが,現在は使われていない。

●利用状況

急行時代は自由席主体の編成で,指定席を取る必要もなかったが,特急化されて指定席主体の編成になったので,指定席は確保しておきたい。ただ,名寄から先の車窓を楽しむためには稚内に向かって左側の席に座らなければならないので,頑張って自由席に並んでみるのも良いだろう。
普通列車については,旭川−名寄間は宗谷本線の中でも利用者の多い区間である。旭川四条,北永山は高校生の利用が多い。比布までが旭川への通学圏で,塩狩峠以北の市町で旭川の高校へ進学する学生はほとんど下宿するが,名寄まではわずかに旭川への通勤・通学者がいる。和寒,剣淵,士別,風連,名寄の相互間での高校生の利用はかなりある。
そのほか,快速なよろを中心に買い物,病院通い,ビジネス,旅行などでの利用が多く,車内は概して混んでいる。また,旭川−稚内間を普通列車で乗り通す旅行者は,鉄道ファンに限らず,かなりいる。

●車両

スーパー宗谷は車体傾斜制御機能付の261系4両で運転されているが,観光シーズンには連日6両編成で運転される。特急サロベツと夜行の特急利尻は183系の共通運用で,サロベツは3両のミニ編成。利尻はこれにB寝台車が1両併結される。いずれも観光シーズンには増結される。
普通列車はおおむねキハ40形700番台で,名寄の上り始発が3両編成のほかは2両または1両で運転される。また,旭川の下り始発と名寄2008発旭川行には宗谷北線運輸営業所のキハ54形500番台が入る。

それでは,宗谷本線各駅停車の旅をお楽しみください

旭川四条へ