日高本線

東静内 ひがししずない 無人駅
日高郡新ひだか町東静内
昭和8年12月15日開業
標高8m 90人
単線駅
苫小牧より90.9キロ
静内より8.8キロ
2001.8.26乗車

●静内→東静内の車窓

静内の住宅の屋根は方形や寄棟が目立つ。切妻にしても勾配が緩い。これは雪が少ないからであろう。
左にシャクシャイン像の立つ真歌公園を見て海岸に出る。崖の下で左は何も見えないが,右は砂浜海岸ぎりぎりを行く。途中,1991年と1992年には静内海水浴場臨時駅が設置された。左の段丘が緩やかになってくると,牧場や自衛隊の施設を見て,東静内に到着する。

●東静内駅

昭和62年貨車駅となったが,最近大きな駅舎に建てかえられた。それは結構なことだが,内部は閑散としており,トイレが匂う。
駅前のバス停は「東静内市街」ではなく「東静内」のほうなので注意。
周辺は市街地で,江戸時代にはシツナイ会所が置かれ,静内の中心地だったところである。今は駅前に農協とそば屋があるだけで,やや寂しい。

●見どころ

□静内温泉 静内町民休養ホーム

国道を静内側に3km,山側に入って1km。静内−浦河間の路線バス(道南バス)も利用できる。昭和52年建設,浴場は平成8年に新設された。日帰り入浴に好適な浴場と休憩室があるが,露天風呂はない。ロビーにある池に落ちないように。(H11.4入浴)

日帰入浴1000-2200 無休(オフシーズン月休) 400円

静内 北海道駅前観光案内所 春立