根室本線

上芦別 かみあしべつ 無人駅
芦別市上芦別町
大正9年1月16日開業
標高113m 54人
交換駅(島式)
滝川より30.5キロ
芦別より3.9キロ
徒歩10分サンクス?
(駅左に進み国道に出る)
1999.7.11下車

●芦別→上芦別の車窓

芦別からは頼城鉱への三井芦別鉄道が分岐していたが,1989年3月23日に廃止された。この分岐は車窓右手によく注意しているとわかる。三井芦別鉄道はJR線に接続する炭鉱鉄道としては最後のものだった。芦別川の谷を国道は豪快な坂道で越えるが,鉄道はおとなしく渡る。

●上芦別駅

下富良野線開通時に駅の位置を上芦別にするか下芦別(現・芦別)にするかでもめ,結局上芦別は芦別より6年遅れで開業した。
周辺はやはり炭鉱が多くあり,昭和39年の閉山まで三菱鉱業の城下町として栄えた。また,南北の山は奥深く森林資源が豊富であり,昭和9年以降上芦別駅を起点に次々と森林鉄道が敷設され,昭和30年には延長51kmとなって道内最長を誇ったが,昭和37年までに廃止された。
そのように栄えた昔は上芦別駅にも急行停車が停まり,小樽発上芦別行きの列車などもあったが,今では錆びた屋根つきのホームがかつての栄華を伝えているのみである。駅舎は平岸,野花南,島ノ下と同じ形のものに建てかえられている。
市街はそれなりに大きなもので,立派な商店街がある。駅前にはきれいなバス停があって30分おきに芦別行きのバスが出ている。

●見どころ

□野花南湖

上金剛山展望台より 1999.10.31撮影 1999.7.11撮影

右手徒歩10分。大正7年日本初のダム式発電所の建設で造られた名湖。ただし昭和46年に下流に新野花南発電所が建設され,当初の堰堤は水没している。(1999.7訪問)

▽上芦別公園

野花南湖のほとりの名公園。釣り橋を渡った中島は静かで,白鳥が飛来する。ダム湖だが,自然の沼のようで好印象。

▽キャンプ場

歩行者専用の釣り橋を渡って行くので荷物運びが大変そうだが,雰囲気の良い無料キャンプ場。

芦別 北海道駅前観光案内所 野花南