留萌本線

真布 まっぷ 無人駅
雨竜郡沼田町字真布
昭和62年3月31日開業
標高 m 12人
単線
深川より17.8ロ
石狩沼田より3.4キロ
2002.3.24下車

●石狩沼田→真布の車窓

ほぼまっすぐ北西に進む。右手は丘で,並行している道道1007号恵比島旭町線は,旭川−留萌の近道として交通量が多い。左手は殖民区画の田園風景だが,この辺りまで来ると,豆やソバに転作された田が多くなる。

●真布駅

仮乗降場起源の駅で,昭和31年7月1日に設置されている。待合室は木造で風格があり,背が高いので列車から見ると威圧感さえ感じる。かなり傾きかけているが壁は筋違いで補強されているのでまだしばらく使うつもりなのだろう。
北海道には俵真布とかドードロマップとか「マップ(川の意)」のつく地名が多くあるが,マップだけだと何か足りない感じがする。実際,この真布はシルトルマップ(山の間の川の意)の略だという。
周辺は水田で,集落はなしていないが,駅から真布川の谷沿いに開拓が進んでいる。

●見どころ

特になし。

石狩沼田 北海道駅前観光案内所 恵比島