札沼線

新琴似 しんことに 有人駅(業務委託)
札幌市北区新琴似8条1丁目
昭和9年11月20日開業
標高 m
2面2線(対向式)
桑園より5.6キロ
新川より1.9キロ
みどりの窓口600-2215
自動改札対応(入出場)
駅内にサンクスあり
駅前コンビニウィズ
徒歩5分セブンイレブン(駅裏前進,信号を左折)
2000.7.30下車

●新川→新琴似の車窓

この区間で札沼線の車窓はひとつの山場を迎える。新川を出るとまもなく高速道路をまたぐ。高速道路がすでに高架で,線路はさらにその上を斜張橋をかけて越えている。そうするしかなかったのだろうが,JR北海道が威信をかけて高速道路の上に橋を架けたようにも見える。ただ列車に乗っていると橋から高速道路はあまり見えず,そうと知らなければ通りすぎてしまう。
車窓は戸建て住宅に加えマンションや大型店も目立つようになる。新琴似は札幌市北区の中心街であり,近くには地下鉄南北線の終点麻生駅もある,


どこまでも住宅地が続く。

●新琴似駅

2000年3月11日の八軒〜太平間高架に伴って駅舎が建て替えられた。新幹線の駅を思わせるような立派な駅になっている。新川駅と違いホームはガラス張りで外が見え,開放感がある。待合室も広々としている。
新琴似駅の名物といえば,“新ちゃん”という石でできたクマの置物。寄贈されたもので,一度片付けたところ事故が起こったため,戻してホームで安全を見守っていた。新駅舎となった今では,改札横に手厚く保護されている。
地名の由来は,明治8年に入植した琴似屯田兵村に対し,同20・21年にその北方へ新たに入植した屯田兵村であることによる。

●見どころ

□新琴似屯田兵中隊本部

駅の裏手徒歩5分ほどの新琴似神社内にある。明治20年入植の新琴似屯田兵村(屯田兵第1大隊第3中隊)の本部(村役場的施設)として,明治19年に建てられた(屯田兵の建物は住宅も含めて,兵隊が入地する前に準備されていた)。常時公開はされておらず,頼んで開けてもらうようになっている。

1000-1600 4-11の火と金開館

新川 北海道駅前観光案内所 太平