札沼線

太平 たいへい 無人駅
札幌市北区太平2条5丁目
昭和61年11月1日開業
標高6m
2面2線(対向式)
桑園より7.3キロ
新琴似より1.7キロ
自動改札対応(入場専用)
2000.5.4下車

●新琴似→太平の車窓

新琴似より先,元の琴似村から篠路村の村域へ入る。札幌駅から続いてきた高架も太平の手前で終了する。今度は北へ延びる石狩街道(国道231号)が線路をまたいでいる。この道路の跨線橋はずいぶん大げさに思えるが,電化を見込んで高く作ったのだろうか。周辺はまだ住宅街が続いている。

●太平駅

緑と黄色の鉄骨フレームからなる典型的な札沼線の駅だ。太平とは地形が平坦であり,今後太く大きく平和に発展するようにとの願いを込めて命名された地名。以前はこの駅の南付近を烈々布(れつれっぷ)と呼んでいた。昭和40年頃から住宅地化が進んだ。

●見どころ

特になし。

新琴似 北海道駅前観光案内所 百合が原