札沼線

百合が原 ゆりがはら 無人駅
札幌市北区篠路町太平中央
昭和61年6月28日開業
標高5m
2面2線(対向式)
自動改札あり(入場専用)
桑園より8.6キロ
太平より1.3キロ
2000.7.30下車

●太平→百合が原の車窓

延々と続いてきた住宅地もようやく太平を出たあたりでまばらとなり,田園郊外の雰囲気となる。

●百合が原駅

昭和61年,北海道花の緑の博覧会へのアクセス駅として開業した(当初は臨時乗降場でJR移管時に駅に昇格)。博覧会の敷地は現在百合が原公園として四季の花々が植えられ,JRを利用して訪れる人も多い。観光客の多さは札沼線随一だろう。ホームの感じは太平駅と似ている。

●見どころ

□百合が原公園

駅前まっすぐ徒歩5分。昭和61年に北海道花の緑の博覧会が開催された公園。リリートレインという本格的な遊覧列車が走っており,鉄道ファンにも人気がある。

温室月休,世界の庭園11/1-4/28休 温室・世界の庭園は845-1715 130円

太平 北海道駅前観光案内所 篠路