宗谷本線

(廃止)智東 ちとう 無人駅
名寄市智恵文智東
大正13年6月1日開業
標高95m  人
単線
旭川より84.9キロ
日進より4.7キロ
2000.9.1下車

●日進→(臨)智東の車窓

日進を出るといよいよ左手に天塩川が見えてくる。この先ずっと天塩川の右岸を走るので,車窓は左側が圧倒的に優れている。利尻富士が見えるのも左なので,座席は何としても稚内に向かって左側を確保したい。
しかしまもなく名寄盆地の北端に達し,にわかに山が迫ってくる。河畔のわずかな平地にはトーキビや豆の畑が作られているが,やがてそれさえもなくなり,天塩川は渓谷の趣となる。線路の横の道は1車線となり,ところどころに待避所が設けられている。このような光景は北海道では珍しく,むしろ本州的な雰囲気が漂う。その谷がやや開けたところに智東駅がある。

●智東駅

臨時駅というのは期限を限って営業する駅のことをいう。智東駅の場合は周辺に人家がなく,冬季は道路が除雪されないため,例年12月から3月まで冬季休止となる。このような状況になったのは昭和62年から。
しかしもともとは立派な有人駅で,駅舎は現在とは反対側の小高いところにあった。いまでは全く面影もないが,以前は桜で知られた「花の駅」で,花の駅コンクールでも優秀な成績を収めていた。
全く人が住まなくなった今も,九度山と比翼の滝の最寄り駅であることを理由に,駅が残されているが,この駅を訪れるのはもっぱら,鉄道マニアと称される酔狂な旅行者である。通常の手段では駅に到達できないはずの冬に訪れる人もいるというからすごい。私も列車から降りて,上の写真を撮った直後,車内の高校生から「マニア〜」と罵声を浴びせられてしまった。
なお,智東駅は宗谷本線で最も南にある貨車駅舎の駅である。
利用者が少ないことにより,2006年3月17日限りで廃止された。

●見どころ

□九度山

ピヤシリスキー場付近で,旧駅舎の裏から登山道が延びていた。戦前にはピヤシリ山の登山コースとして利用されていたというが,現在,智東駅から登る人はいないと思われる。

□比翼の滝

駅北側の吉野川沿いの林道を6km。詳細不明。

日進 北海道駅前観光案内所 北星