宗谷本線

佐久 さく 無人駅
中川郡中川町字佐久
大正11年11月8日開業
標高25m 20人
2線(対向式)
旭川より153.6キロ
筬島より18.0キロ
2002.3.16下車

●筬島→佐久の車窓

筬島−佐久間の距離は18.0km。神路渓谷と称されるこの区間は天塩川の渓谷が素晴らしく,石北本線の上川−上越間と並んで私が最も好きな車窓風景である。筬島を出るといきなり山峡となり,天塩川の両側に急峻な山が迫る。線路は川の淵ぎりぎりを走り,谷間を悠々と流れる天塩川は素晴らしい。冬の樹氷,初夏の新緑も良いが,秋の紅葉はとりわけ美しく,名寄−天塩中川間の天塩川紅葉ノロッコ号もこの区間が見せ場となる。ただ,右側に乗ると何も見えないので,席は絶対に左側を確保すべきである。
途中,筬島から7.5km地点に神路駅があったが昭和52年に信号所化,昭和60年3月に廃止された。現在も駅舎が保線小屋として残っている。神路というのは名前も印象的だが,いろいろなエピソードがあるところで,駅周辺には学校もあった。昭和38年には待望の神路大橋(つり橋)ができ,国道40号と結ばれたが,1年足らずで落橋。やっとできた橋が落ちてしまったことの絶望感と冷害により,昭和40年に全戸が離農した。現在開拓跡は森林に還り,ここに学校があったことなどまったく想像がつかない。そして,この地に足をつけることはまず無理である。

神路駅跡 天塩川沿いに走る

●佐久駅

渓谷から抜け出し,天塩川が北に向きを変えたところにある駅。2000年3月までは急行が1日1本停車した。駅舎は「佐久ふるさと伝承館」という立派な建物で,林業関係の展示がある。冬季は暖房が入り,トイレも大きくきれい。
周辺には赤レンガの農業倉庫が建ち,駅裏では木造の木工場が稼動している。市街には板張りの貫禄ある建物が多く残り,この街にも栄えた時代があったことを偲ばせる。

非常に貫禄のある市街地 駅舎は展示施設になっている

●見どころ

特になし

筬島 北海道駅前観光案内所 天塩中川